2007年1月15日(月)

移転してみる

とりあえずはてなのサブアカウントでダイアリーつけてみます。脈打つクランクと統合の予定。
泥は着てても心は錦

2007年1月11日(木)

インナーロー

 ローラー台30分。ひたすらインナーロー。膝の痛みが出ないように、フォームに気をつけながら。

2007年1月10日(水)

休養

 右足をかばいつつのジョグのせいか、左足のすねの骨の膝に近いあたりが痛む。よって休養。

2007年1月9日(火)

今日もジョグ

 北総線下まで往復ジョグ。

2007年1月8日(月)

ジョグ

 成人の日。
 今まで右の膝の痛みが再発しないようにと正月休みではサポータしたりしていた。今回の左膝の痛みは位置とか痛い位置が以前の右膝と同じだなぁ、と思っていたが、よくよく考えたら以前痛んだのは左膝。つまりは古傷だった。かなりのオオボケかましていた。でも両膝が悪くなったわけじゃないってことで少し安心。
 膝は大きく曲げなければなんともないのでジョグ。北総線下まで往復。復路は河川敷の砂利道。2度ほと土手ダッシュ。

2007年1月7日(日)

シクロクロス希望が丘

 朝、アパまで泥乃海に迎えに来てもらい、希望が丘に。ひさびさに会う顔がたくさん。
 すぐに試走に出かける。寒くて風も強いが、雨はない。登りもそこそこ走れるので、まぁなんとかなりそう。1週半試走して、受け付け、いったん車に戻った、が、泥乃海がなかなか帰ってこなくって寒さに震えた。
 やがて雪が降りだし、出走時刻に近づくにつれて強くなる。すでにスタートするころにはうっすらを通り越して積雪状態。スタート地点に行くまでにクリートに雪が着きまくり。寒くて足踏みしているうちにシューズが雪で高下駄状態に。泥には強いが雪には弱いこのクリート。今日はビンディングが使えないという前提で走るしかないと覚悟を決める。スタート地点はひたすら泥泥泥泥。
 スタートは後ろの方からゆっくりと。最初のコーナーや登りで何人か抜く。登り口で「クリートが全然はまらん」との熊本さんの叫びが聞こえた。草の根セクションで担ぎショートカット使って前の1人を抜く。こぶセクションではクリートがはまらないために引き足が使えず、止まりそうになっていたところを熊本さんに抜かれる。シングルトラックを出たところでかさはらさんともう1人を抜く。猪セクションは抜いたのか抜かれたのか記憶が定かではない。確実なことは、試走のときとはまるで別のコースだってこと。
 2周め、シングルトラックの下りでさっと抜いていたMTBライダーが木の根セクションで転倒して再び抜く。登りのシングルトラックの終わりくらいで「2周で終了、ゴール」というMCが聞こえた。直後に熊本さん発見。エンドが曲がったらしい。そのあと猪セクションとかで抜いたり抜かれたりしながら、砂場で最後に1人に抜いてゴール。リザルトを見たら完走28人中23位。昨年ほとんど最下位だったことを考えると大きな改善。昨日からちょっと調子のあやうい左膝も特に問題なし。ライバル泥前田はパンクDNSで勝負はお預け。泥本優勝、伊泥3位。
 ゴールのあとあたりが一番天候が厳しく、耳の中に雪が飛びこんでくるほどだった。たまらず駐車場に帰って着替え。上半身は着膨れ、下半身は走っている時の格好のままで上からズボン。泥尾presentsのあったかいコーヒー(物欲の炎が燃え上がりそうな火器だった)でからだを暖めたあと、しばらく車の中で風雪を避けながら、C1のスタートのころに再びコースへ。天候はだいぶ回復していた。
 C1は[[三船雅彦]]が初のマトリクスパワータグウェア。バイクは元のまま。緑のウェアは、Tonissteinerの最後のころのウェアを思い出させて、あまり違和感がない。レースはスタートから竹之内悠が抜け出し、ちょっと離れて三船。そこからさらに離れて山本幸平。その後ろはスワコ中山、ビークラブ伊澤、シルベスト藤岡らの若者がいる。当初中山の年齢は意識されていなかったようだが、私の指摘で40分で終了扱いになった。
 中盤から山本が2位に上がる。最後尾からスタートしてた愛三工業大原満がどんどん順位を上げてくる。中山は途中一気に順位を落としたが、なんらかのミスか?その後は竹之内の好調と大原の底力が目立ったレースだった。天候はしだいに回復。
 いったん自動車に戻って昼食。再びC2のスタートに合わせてスタート地点へ。雪もyみ、時折太陽も射してくる。雪も急速に溶けはじめ、雪のコースが突然泥のコースに変化していく。レースは最初からつづきさんがトップに立ち、オヤジ狩りの恐怖を振りきりそのまま優勝。C1昇格を決めた。チームメイトががんばるほど自分のパーセンテージが下がるというディレンマを克服し気絶おやじドノも90%をキープ。同時スタートの女子日本チャンピオン豊岡さんの速さ(と傷あと)も目立ったレースだった。
 終了後は泥乃海に京都駅まで送ってもらう。駅のカレー屋で早い夕食とビールでほっと。そのまま新幹線に乗って帰宅。自転車とシューズは泥乃海に預かっておいてもらう。

2007年1月6日(土)

移動日

 朝から雨。昼過ぎにローラー台40分。重めのギアを回してみる。
 座る時に左膝がちょっとひっかかるような感じがしてちょっと痛んだ。
 まだ宿を取っていなかったので楽天トラベルでアパホテル<京都駅前>を予約。
 17時過ぎに雨が上がったので、小岩駅から京都まで輪行。アパでは部屋への自転車持ちこみが断わられて、屋外の駐輪場を案内される。しかも表通りから丸見え。とりあえず見えにくいように止めてロックして、フロントホイールだけ室内に持ち込んだ。

2007年1月5日(金)

電話番号がかわっていた

 昼休みに泥乃海に電話したら出なくって、しばらくしてコールバックがあったが、どうも別人。業務用アドレスにメール送ってみたら、以前の番号はおやじさんが使っているとか。番号変わったという連絡は受けていたんだけど、登録するのをすっかり忘れていた。オオボケにて失礼。で、7日のお出迎えと7日から21日までの自転車預かりを依頼。

2007年1月4日(木)

市川大橋

 今日もオフロード。江戸川右岸を市川大橋まで往復。20km弱。少しサドル高いかも。

2007年1月3日(水)

今日もオフロード

 午前中に江戸川右岸を今日は北上。長土呂排水路のあたりまで往復。20km弱か。右足の外側の下腿三頭筋の上の方に痛み。以前はよく痛くなっていた部位。ここが痛くなるってことは、オフロードを走る時に無意識に過剰にアンクリングしているってことだろう。「夏場もオフロードで走ったらいいトレーニングになるぞ」とか思ったけど、夏は草ぼうぼうで走れないんだろうな。
 夜は新宿で中国でのおつとめを終えたにせロミンゲルさんの帰国祝い。うづさんこたやん、チョンボさん、細沼さん。宴会中にしらなみさんから別件でのお誘いの電話が掛かってきたが、その日は遠征にて不義理。