tDiaryのインストール (Rack環境)

概要

tDiary-4.0 以降のバージョンは gem に対応しているので、簡単に tDiary を設置出来ます。

tDiary の取得

gem コマンドで tDiary をインストールします。

% gem install tdiary

インストールすると、 tdiary コマンドが使えるようになります。ちゃんとインストールできているか、確認してみましょう。以下のようにバージョン番号が表示されればインストール成功です(表示される番号はバージョンにより異なります)。

% tdiary version
4.0.0

rbenv を使っている場合は忘れずに rehash を実行しておきましょう。

% rbenv rehash

tDiary の設置

newコマンドを実行してtdiaryを設置します。インストール先のディレクトリ名を指定します。以下の例では diary ディレクトリにインストールします。

% tdiary new diary
      create  diary
      create  diary/public
      (中略)
      create  diary/tdiary.conf
         run  bundle install --without test development from "./diary"
Resolving dependencies...
Using rake (10.1.0)
Using bundler (1.3.5)
(中略)
Using twitter-text (1.6.1)
Your bundle is complete!
Gems in the groups test and development were not installed.
Use `bundle show [gemname]` to see where a bundled gem is installed.
         run  bundle exec tdiary htpasswd from "./diary"
Input your username/password

インストール途中で「Input your username/password」と表示され、 更新画面のユーザ認証のために、IDとパスワードを入力します。

Username: machu
New password:
Re-type new password:
install finished
run `tdiary server` in diary directory to start server

tDiary の起動と終了

インストール先のディレクトリに移動して、serverコマンドを実行するとtDiaryサーバが起動します。

% cd diary
% bundle exec tdiary server
>> Thin web server (v1.5.1 codename Straight Razor)
>> Maximum connections set to 1024
>> Listening on 0.0.0.0:19292, CTRL+C to stop

Webブラウザで http://localhost:19292/ にアクセスすると、tDiaryの画面が表示されます。

CTRL+CコマンドでtDiaryサーバを終了します。

>> Stopping ...

tDiary の更新

tDiaryのアップデートもgemコマンドを使います。

$ gem update tdiary

tDiaryの設置ディレクトリに展開されたファイルは、 tdiary updateコマンドを使って更新できます。

$ cd [tDiaryの設置ディレクトリ]
$ tdiary update
$ bundle install

追加のgemを使うには

tDiaryの関連ライブラリは、別のgemになっている場合があります。これらを使いたい場合、Rubyで一般的なGemfileではなく、tdiary newコマンドで作成した先(このドキュメントの場合はdirayディレクトリ)にあるGemfile.localに使いたいgemを指定します。例えばBlogKitを使いたい場合には以下のように指定します:

gem 'tdiary-blogkit'

このあと、bundle installをして、指定したgemをインストールします:

$ bundle install

他にも、日記の保存先をデータベースにするIO系のgem、スタイルを追加するgem、Thin以外のWebサーバを使いたい場合にもGemfile.localに記述します。